FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご夫婦に仕えるM男を見学

ご夫婦の家に招かれました。男の人をご夫婦で調教しているので

その様子を見に来なさいというのです。興味がありました。

 少し前に、知り合いの女王様が、ビデオ撮影のための実験で

私を招いてくれたときも、男の人が男の子を責めるというものでした。

私は今でも、あの光景にドキドキしているのです。

男がオチンチンをくわえるって、どうなのでしょうか。

 私も女の人の、とくに、上品でない、美しくない

女の人のアソコを舐めさせられることには抵抗があります。

最初は子どもと子どものアソビのようにして女の子のアソコを舐めました。

ですから、相手はそれほど醜くなかったのです。

でも、最近は主婦の方とかかなりグロテスクなスタイルでグロテスクな

アソコを舐めさせられることがあるんです。

 オチンチンを舐めるのには、相手がどんなタイプでも抵抗ありません。

セックスには、少しあります。でも、相手が男の人なら、たいていは抵抗

ありません。

 同性だからイヤなんです。私が女ゆえに、私には女のアソコの汚さが

分かるからかもしれません。それに、相手がものすごく上品だったり

美人だったりスタイルがよかったりすると

納得できるというのもあるんです。

 こんな人が私とエッチなことをしてくれるなら、アソコを舐めるのは当然

オシッコを飲むのも当然、お尻を打たれたり、乱暴にされたり

するのも仕方ないってそう思うことができるんです。
 
 その男の人は三十代ぐらいの優しい雰囲気の方でした。意外なことに

ご夫婦は二十代に見えました。
 
 ご主人は、もの静かな方で、どちらかというと、このプレイは

奥様が楽しんでいるように見えました。

「見ているだけでいいのよ。でも、興奮したらオナニーはしてもいいわよ」

と奥様が言います。実は、すでに私は興奮していました。

指をアソコに持って行きたいと思っていたのです。

 奥様と奴隷の男の人がお風呂に入ります。

ご主人はいっしょに入らないのです。意外でした。

 奥様が真っ白なフアフアのバスローブにくるまれて寝室に来ると

ご主人は、ベッドの前にすっと立ちました。そのご主人のスーツを奴隷が

脱がして行きます。奴隷は全裸で、オチンチンはすでに大きくなって

いました。

「こいつねえ、私の身体を洗いながら、ここをこんなにしていたのよ。

ねえ、どう思う」

 奥様がご主人の耳元で囁きます。そして、奴隷のオチンチンを

足で軽く蹴ります。

奴隷のオチンチンは二十センチぐらいありそうでした。

まっすぐな造り物のようなオチンチンなんです。

 ご主人のパンツが下げられる瞬間、私は自分がものすごく

興奮していることに気がつきました。オチンチンを見るだけで

こんなに興奮したことはありません。

 ご主人のオチンチンは意外なほど小さく、子どものようでした。

皮もかぶっています。

奴隷はその皮をごつごつした手で剥くと、お世辞にも美しいとは

言えない口にその小さなモノをくわえました。

 その上でご夫婦は熱く唇を重ねます。まるで怪しい絵画を

見ているような気分でした。

 奴隷の存在を無視して、二人はベッドにころがり

ご主人の抱擁がはじまります。

映画のようです。奴隷は、子犬のように二人の周囲を走り回り、

奥様の足の先ばかりを舐めています。もしかしたら

そうした調教を受けているのかもしれません。

 長い愛撫が続き、ご主人が仰向けに寝ると、奴隷は再び

オチンチンをくわえましてた。

その裸のお尻を奥様が鞭で打ちました。

いつの間に持ったのか、短いけど痛そうな鞭でした。

 ビシッと音がする度に、奴隷は全身をくねられせて痛がります。

それでも、オチンチンははなしません。

「おどき」

 奥様にそう言われて奴隷がベッドを降りると

すでにご主人のものは大きくなっていました。

大きくなっても奴隷の半分ほどです。

 奥様は慣れているのでしょう。手も添えずにそれを自分の中に

納めてしまいました。

そして、同時に大きくてエッチな声を上げました。上品な奥様だっただけに

その獣のような声はいっそうエッチなのに聞こえました。


 奴隷はベッドサイドで二人のその様子を見ながらオナニーしています。

まるで覗きの変質者です。もっとも、私もパンティを脱ぎ

ポケットにしまって

スカートの中に手を入れています。私も変質者です。

 いつの間にか、ご夫婦は正常位となり、ご主人が射精の瞬間には

奴隷はご主人の股の下、奥様の足の間に顔を入れていました。

 ご主人は奥様からオチンチンを抜き、奴隷の顔に精子をかけたのです。

 プレイはまだ続くようでした。

でも、私はぐったりと疲れきり、三人に断って先に帰らせてもらいました。

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ad
北川プロ
ad
NYLON
カテゴリ
DUGA☆検索

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

検索フォーム
クリック募金
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
RSSリンクの表示
ad
S-DOLL
リンク
Myプロフィール

ひこ

Author:ひこ
マゾヒズムの永遠の探求者(笑)

★18歳未満閲覧禁止☆

 著作権に反する記事は
即削除致します。
ご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ad
クインズビデオ
ad
ミストレスランド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。